鍼の効果のお話のつづき

こんにちは、はり灸いとぐちです。

珍しく続きものです。

鍼の効果について最近聞かれることが多いので

何回かに分けて、お話したいと思っています。

 

前回、鍼をした後は身体が反応して便や尿などが

普段より出ることがあるとお伝えしました。

 

じゃあ、便が出たら私のこの慢性的な頭痛も

良くなるの?毎月の辛い生理痛は?

喘息は?更年期障害は?うつ病は?

 

鍼をすれば、身体の中の悪いものが出ていく

反応が出るとお伝えしましたが、具体的にどのような

疾患に対して鍼灸治療が有効なのかということですが。

 

鍼灸は「疾患」に対して治療をしません。

その人のその時の症状に対して身体の反応を引き出す

ものです。ですので、どのような症状に対しても

治療は可能です。

 

医学は日々進化をしていますが、西洋医学が得意な

分野と東洋医学が得意な分野がそれぞれあります。

例えば「癌」と言えば一昔前は不治の病の代表でしたが

今ではそれも変わってきています。

早期発見であれば手術して治す方が確実に生存率は

高くなります。

ただ、手術後の弱った身体のケアには西洋医学より

東洋医学の方が向いているように思います。

 

自律神経症状やホルモンのバランスを調整したり

身体全体のケアが必要な場合には、自然治癒力に

アプローチしてバランスを整える東洋医学が

効果的なことが多いのです。

WHO(世界保健機構)が認めた鍼灸治療の適応疾患は

肩コリ関節痛などの運動器系、胃炎、十二指腸潰瘍などの

消化器系から循環器系、神経系、内分泌系、呼吸器系、

泌尿器系、婦人科系、小児科系、など多岐にわたります。

 

西洋医学は専門化し、それぞれ細かく症状によって

受診する科が違うのが基本ですが、一人の人の症状として

全体を診る東洋医学では「肩コリと胃腸の調子の関係」も

同じ一連の原因として診ることがあります。

 

その人がどのように今まで生活してきたか、何が原因で

今の症状が出ているか、というのを紐解きながら治療を

していきます。

そのような意味では、鍼灸は「病気」に対してではなく

その「人」に対して向き合う治療になります。

ですので、その効果の現れ方には、人によっても違いが

出てくるのです。

 

次回は効果の現れ方について、お話したいと思います。

長々ですがもう少し、お付き合いください。